ホワイトニング 

ホワイトニングは、歯の表面についた汚れや黄ばみを漂白剤で分解することで、歯を白くする治療です。

ホワイトニング

毎日食事をするたびに、歯には目に見えない汚れが染みついて、次第に黄ばんでいきます。その黄ばみをなくして、白い歯の輝きを取り戻すのがホワイトニングです。

当院のホワイトニングは、ただ歯を白くするだけではありません。同時にフッ素塗布も行い、白いだけでなく丈夫で健康な歯を作ります。ホワイトングで歯を白くして満足するのではなく、美しい口元を長く保つために、歯の健康に意識を向けるひとつのきっかけとしてください。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニング

ホワイトニングには、ご家庭で好きな時間に行うホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。ホワイトニングでは歯を白くする漂白剤を使いますが、オフィスホワイトニングのほうが高濃度で、ホームホワイトニングは低い濃度に抑えられています。

ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングの双方とも、メリットとデメリットがあります。施術を行う前に詳しくご説明しますので、ご自身の生活に合った方法を選んでください。

ホームホワイトニングホームホワイトニング
ホームホワイトニングでは、患者さまのお口に合わせたマウスピースを使用します。歯みがきをしたあと、ホワイトニング剤を入れたマウスピースを装着し、2時間そのままで過ごします。毎日2時間の施術が2週間で1セットとなります。

好きな時間帯にトライできるのが、ホームホワイトニングの一番の特徴です。通常1セット行えば、ある程度の白さが得られますが、もっと白くしたい場合には続けて行うことができます。また、オフィスホワイトニングよりも色の後戻りが少ないと言われています。

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニング
歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、濃度の高いホワイトニング剤を塗布し、照射器で定着させるため、短時間で効果を上げることができます。結婚式や就職試験などですぐに白くしたい場合、すべての歯ではなく1本だけ白くしたい場合などは、オフィスホワイトニングのほうが向いています。

施術は1回約2時間で、お好みによって数回行います。ただし、ホームホワイトニングに比べて色戻りが起こりやすいといったデメリットがあります。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ根管治療を受けて神経を抜いてしまった歯は、次第に黒ずんでくることがあります。その場合に行われるのがウォーキングブリーチです。ウォーキングブリーチは、神経を抜いてしまった歯にしか行うことができません。

神経を取ったあとの根管部分にホワイトニング剤を入れ、少しずつ歯に浸透させていくことで歯を白くします。違和感がないまでに白くなったら、改めて根管部分に詰め物をして、上から冠を被せて穴をふさぎます。どの程度白くできるかは個人差がありますので、まずはご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。