入れ歯治療 

入れ歯は、天然の歯に比べるとどうしても違和感があるものです。その違和感を軽減し、可能な限り快適に使っていただくため、さまざまな工夫をしています。

入れ歯治療

入れ歯を使い始めることになったとき、ほとんどの患者さまは「とうとう入れ歯を使わなければいけない年齢になったのか」とショックを受けるようです。入れ歯は、天然の歯に比べればどうしても劣ります。増してやネガティブな気持ちで使い始めれば、どうしても違和感はぬぐえません。

当院では、患者さまに少しでも入れ歯を快適に使っていただきたいという思いから、治療前に入れ歯について詳しく説明しています。メリットとデメリットを正しく理解することで、入れ歯に対する拒否感が軽減できれば幸いです。

入れ歯の正否を決めるカウンセリングと型取り入れ歯治療
入れ歯治療の際は、カウンセリングが大変重要となります。現在すでに入れ歯を使っている方には、お使いの入れ歯に対する不満などをじっくりとお聞きします。その問題点をクリアすることで、少しでもご要望に合う入れ歯を提供したいと思っております。

ぴったりと合う入れ歯を作る最大のポイントは、患者さまのお口の型をきっちりと取ることです。当院では保険治療・自費治療に関係なく、治療のステージごとに型を取って入れ歯を製作しています。そのため、より精密で違和感の少ない入れ歯が作れるのです。

経験豊富な熟練の歯科技工士
入れ歯を作るのも、経験豊富な熟練の歯科技工士にお願いしています。特に総入れ歯では、歯科技工士の技術によって噛み合わせが大幅に変わってしまいます。そのため、患者さまのさまざまなデータから、自然な歯並びの入れ歯を作り上げる技術が問われるのです。

当院では、熟練歯科技工士が製作した精密な入れ歯を、歯科医師が責任をもって調整しています。だからこそ、患者さまに喜んでいただける入れ歯が提供できているのだと考えております。

当院お薦めの入れ歯

入れ歯にはさまざまな種類があります。入れ歯自体の材質、お口の中に固定する方法など、組み合わせによって選択肢が広がります。

まず患者さまのご要望をお聞きした上で、ご要望に添った入れ歯をご提案させていただきます。それぞれの入れ歯のメリットとデメリットを詳しくご説明しますので、ご希望に合うものをお選びください。

【当院の入れ歯メニュー】金属床入れ歯メニュー
あごに密着する床と呼ばれる土台部分の材質に、金属を使った入れ歯です。金属は強度があり、床部分を非常に薄くできるため、違和感の少ない入れ歯が作れます。また、金属は熱伝導率が高いので、食事の温度を感じやすいという利点もあります。

金属床の入れ歯には、お口の中に固定する方法や、床部分の材質など、さまざまな選択肢があります。床部分には、コバルトクロム、チタン、ステンレス、金、プラチナなどがよく使われています。

【当院の入れ歯メニュー】フレキシブルデンチャー入れ歯メニュー
超弾性樹脂で作られた入れ歯で、既存の歯を固定するための支えとして用います。入れ歯を止めるための金属バネを使わないので、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。汚れもつきにくく、長期間使っていても変色しにくいという利点もあります。

ただし、残っている歯の状態によっては適応できない場合があります。また、弾力があって壊れにくい反面、修理が難しいというデメリットもあります。

【当院の入れ歯メニュー】マグネットデンチャー入れ歯メニュー
既存の歯と入れ歯の双方に強力な磁石を埋め込んで、磁力によって固定するタイプの入れ歯です。金属バネを使わないので見た目が美しく、固定力も強いのでがたつきがありません。また、取り外しも簡単にできるので、楽にお手入れできます。

既存の歯がほとんどない状態でも、歯根が残っていれば対応は可能です。ただし、歯根までなくなってしまっている症例には使用できません。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。