歯周病の外科的治療

歯周病の外科的治療重度歯周病では、痩せてしまった歯肉や骨を再生させるための手術などが必要となります。そのうち、当院で行っている代表的なものをご紹介します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケットの内部を切り開き、歯の根に近い部分にまでついている歯垢や歯石を取り除きます。その後、切り開いたところを縫合します。治療後は、歯周ポケットのない良好な状態に戻ります。

フラップ手術
歯肉を切り開き、歯を支えている骨を表出させてむき出しにします。そして、歯の根についた歯垢や歯石を取り除くと共に、溶けて崩れてしまった骨の表面を整えます。手術時間は通常1時間程度かかります。

GBR(骨再生誘導療法)
歯周病によって骨が溶け出してしまった部分に人工骨などを移植し、骨の再生を図ります。移植には、人工骨以外に、健康なあごの部分からとった自家骨を砕いて使う場合もあります。インプラント治療の際に、あごの骨量を増やすためにも使われている治療法です。

エムドゲイン歯周病の外科的治療
スウェーデンで開発された組織再生誘導材です。この薬剤の開発によって、以前は難しかったセメント質の再生が可能にとなりました。外科治療後にエムドゲインを塗布しておくことで、骨のセメント質が再生し、歯のぐらつきを抑えることができます。

光線力学療法歯周病の外科的治療
光に反応して活性化する物質を歯周ポケット内に注入し、そこに光を照射することで患部を殺菌する治療法です。歯周病の除菌治療には、通常は抗生物質を使いますが、繰り返すと耐性菌を作り出してしまうというリスクがあります。光線力学治療法なら耐性菌を作り出す心配がないので、体に優しい治療法だと言えます。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。