歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患歯周病を引き起こす細菌は、常にお口の中に存在しています。その細菌が炎症を起こした歯肉から体内に入り込むと、血管を伝わって全身に回ってしまいます。すると細菌の出す毒素が、糖尿病などの全身疾患に悪影響を及ぼすのです。

細菌の毒素によって血管が刺激されることで、血管内にプラークと呼ばれる沈殿物が貼りつき、動脈硬化を引き起こします。それが心臓部に起こると、狭心症や心筋梗塞といった重大な全身疾患につながる可能性もあります。

また歯周病の細菌は、糖尿病を悪化させるという報告もされています。歯周病は単なるお口の中のトラブルではなく、全身疾患につながることもある恐ろしい病気なのです。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。