歯科医師とは苦労以上に喜びの多い仕事

院長あいさつ正直に申しますと、私は大学受験が目の前に迫るまで、進路について真剣に考えたことはありませんでした。歯科医の家に生まれ、兄も歯科大学に通っていたこともあり、親の希望で歯科大学を受験したようなものです。そんな私が歯科医療の素晴らしさに気づいたのは、大学で臨床の授業を受けるようになってからです。

歯科医師の仕事は、決して楽なものではありません。実際に患者さまに接してみると、それをひしひしと感じます。しかし同時に、さまざまな喜びを秘めた仕事でもあるのです。

患者さまによって、お口の中の環境も症状もさまざまです。そのすべての症例に対応するために、歯科医師は膨大な知識と技術を身につけなければなりません。それでも歯科医師として勤務し始めた頃は、大学で学んだ知識程度では歯が立たないことも多く、どうしたらいいのか悩むことも多々ありました。

次第に経験を重ねてくると、できることも増えていきます。最新技術などを取り入れて、すぐに治療に活かすこともできるようになりました。そうして培った知識や技術で治療を行い、患者さまに感謝されたときには、歯科医師になって良かったと心の底から感じました。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。